ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化の悪徳業者とは

クレジットカード現金化の悪徳業者とは

クレジットカード現金化業者の数は、全国で100店舗以上あります。
これだけの数の店舗数がありますが、中には優良店もあれば悪徳業者の店舗もあります。
悪徳業者に引っかからないために、特徴を記載しますので参考にしてみてください。

正直言えることになりますが、素人の人がクレジットカード現金化のホームページを見ても悪徳業者かは判断できません。
そこで悪徳業者の見分け方をいくつか紹介します。
始めに重要なことは、還元率・買取率・換金率が高いかどうかが問題になります。
現金化業者のサイトはいくつもあり、サイト上では「換金率最大96%」などと高い利率が記載されております。
素人の人がこのサイトを観た場合、高い利率で良いと思われますが実際に利用してみると96%ではないということがあります。
こういった業者が理由とするのは、あくまでも最大でのお話であり、申込金額が少ない場合ですと換金率も違うことをいってきます。
また、色々な理由をつけて換金率をさげてくる傾向があり、お客様によって換金率を下げる場合もあるみたいです。
換金率90%以上を謳っている現金化業者は注意したほうがいいでしょう。
決済手数料や現金化業者の手数料を考えると90%では利益がかなり少ないので、事実上あり得ない形になります。
現金化業者のごく一部の店舗では利益は少なくても、リピーターのことを考えて90%前後で運営している店舗もあるみたいです。

その他の悪徳業者を見極めるポイントとしては、電話で問い合わせをすることが有効な手段と言えます。
悪徳業者の電話対応はいまいちであり、質問に対しても曖昧な返答をするのが特徴となっています。
まれに電話対応が良い場合がありますが、色々と理由をつけてきて換金率を下げたりしてくる場合もあります。

悪徳業者に騙されないための優良サイト:ネオギフト口コミ


タグ :